私と母の共通の趣味は将棋観戦です。日曜のNHK杯はもちろん、インターネットTVでも将棋を見ることができ24時間好きな時に楽しむことができます。母は最初駒の動き方もわからなかったのに、今ではプロの指し手の意味がわかるまでに進歩しました。精神科医の先生によると将棋は指し手を考えることで他の雑念が消えるので瞑想にもなっているそうです。お金もかからないし、ストレス社会にぴったりのいい趣味だと思います。

今年はトップ棋士の羽生善治さんが永世七冠という偉業をかけて、七大タイトルの一つである竜王戦を戦っているので目が話せません。

話題の藤井聡太さんや加藤一二三さんの将棋も面白いですが、長年将棋界のトップをひた走ってきた羽生さんの将棋は貫禄があって見応えがあります。

そして、将棋の内容と同じくらい楽しみなのがおやつの時間です。最初は真剣勝負の最中におやつ!?とビックリしましたが、今では将棋観戦の楽しみの一つとなっています。

「これ美味しそう?」とか「羽生さん食べないの?」とかワイワイ言いながら楽しく観戦しています。これからも親子共通の趣味として続けていきたいですし、さらに発展して実際会場に赴いて観戦するアクティブな楽しみ方もしていきたいと思います。